読書コラム

スタンフォード式疲れない体

スポーツジムに行って、柔軟をしたらがんばりすぎたのか

臀部が痛くてまともに歩けなくなりました。

そんな時に限って東京に行く予定が入っています。

足を引きずりながら1万歩歩くという状況に耐え切れず

知り合いのつてで スポーツトレーナーに見てもらいました。

すると、普段の立っている姿勢が歪んでいるとのこと

そして体が硬い 体と言っても関節がという意味でなく

肉が硬いらしい それもひどいらしい…

そんなときに見つけた本がこれ

東京からの帰りの新幹線はでじっくり読みました

 

体が歪んでくるのは当然らしい

驚きました

なぜなら 内臓が左右均等でないから

肝臓や胃など…

われてみればそうなのです。外見は均等でも内部は左右違うではないですか!

だからこそ 日々意識していないと、どんどん体はゆがむ(重力もありますしね)

ちょうどスポーツトレーナーに注意されたこととリンクして

気を付けなくては!意識しなくてはと思いました

 

体のゆがみ 疲れにかなり影響するそうです。

このほか、食事や睡眠に関しても書かれています。

自分の体のためにぜひ一読を!

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村