読書コラム

もんでヤセない身体はない

これを本屋さんで見かけたとき、嘘に決まっている!

と思いながらも 立ち読みだけしておこうとパラパラめくり、

そのままレジに直行。

はい!買ってしまいました。

 

あ~あ 私の性格からして3日坊主ではなく1日しか実行しないわ

というのもわっかてながら、購入してしまう。

たぶん一生ダイエット、やせるという文字には踊らせされるでしょう。

 

ただ、昔だったら“もむ”ということに着目することはなかったのですが、最近腰や股関節が不調でいろいろなところに行くと

「固い、ものすごく固い」と言われるのです。

関節などの柔軟性ではなく、肉がかたいのです。

肉がガチガチになっているのは自分でも自覚あります。

 

そして、たまたま誕生月にとあるエステから割安で体験できるというはがきを受け取ります。

割安でも 5700円。

まあ自分への誕生日プレゼントということでということ、

行って、やせるコースを体験したら…

揉まれるもまれる いたい!

45分のそのコース正規のお値段17000円

お高い!!!

ということで 一回しか実行しなくても1000円ちょっとのこの本を買うくらい いいのではないかと思ったわけです。

(金銭感覚はすぐ麻痺する見本ですね)

 

さて、本当にもんで効果があるのか?というと

申し訳ありません。本当に1日しかしてません。

それも本の中の脚の部分だけです。

ただ、時たま ふとももをつまむということをし始めました。

太ももつまむのはいつでもできますものね

(気休め?)

でも 痩せる痩せない関係なく。

肉をもむのはいいと思います。固くてガチガチな筋肉はケガもしやすいから、柔らかい方がいいでし、血行もよくなります。

ちなみに、この本2016年発行されたものですが

私が買ったもは10刷目。10回も増刷されています。

 
ランキングに参加中です

いつも応援いただきありがとうございます
↓ポチっとクリックお願いします

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


本・書籍ランキング