読書コラム

強運の持ち主

題名は力強い感じですが、なんともほのぼの幸せになります。

本屋大賞を受賞し、最近どこの本屋でも平積みされている「そして、バトンはわたされた」の作者が書いた本です。

物語ではなく現実の世界でもこんなほのぼのする話を聞けないかしらと思います。

実際におこった話「モンスターマザー」を読んだ次の日にこの本を読んだので、余計そのように強く感じてしまいます。

主人公はOLから占い師になった女の子。

占いに来た人で一話の短編になっています。

最初のタイトルはニベア

ニベア?

小学生の男の子が占いに来ます。

それもどちらのスーパーに行けばいいのか?

を占いに!占い料一回3000円

何かありそうです…

 

寒い時に暖かいスープを飲む

そんなホッとする本でした。

心がささくれだった時にぜひおすすめの一冊てす。

 

 

ランキングに参加中

いつも応援いただきありがとうございます。

↓ポチッとクリックしてね

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


本・書籍ランキング