読書コラム

いい言葉はいい人生をつくる

 

前向きに明るく生きていくためのちょっとした気の持ちようを書いています。

例えば、成功しようとするより夢をかなえようとする方が楽しい。

確かに、ちょっとした違いのようで精神的にはかなり違うのではないかと思います。

著者の斎藤茂太さんは精神科医だけあって、どの本を読んでも、気分穏やかに、明るい気持ちになる本ばかりです。