読書コラム

不倫

この本、図書館に予約を入れたのですが、来るまでに2ヶ月近くかかり、読む気半減。
しかし、あの脳科学者の中野信子が書いた本。
脳科学から不倫をどう切り込むのか、興味あるので読んだところ。

やはり不倫はなくならない。そりゃそうですよね。
種族保存からすれば本能的にたくさん種は残した方が良い。

そして、おもしろいのはバッシングもなくならとのこと。
1人だけいい思いをするのは社会的に許せないと思う人がいるのは当然。納得です。

そしてここからが恐ろしいところでもあるのですが、まじめな人ほどイジメる、つまりバッシングも激しいということ。
それも言われてみればそうです。ふまじめな人が言えることではない。

まじめな人がいい思いをしているやつを許せないと思うのは当然ですね。

まじめもほどほどに‥ということでしょうか

難しいところです。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村