読書コラム

本音で生きる


堀江貴文が言うことは、確かに納得いくこともあるのですが、
極端すぎて、すべての人がホリエモンみたいになったら、困ると思うのです。

特にこのタイトル通り、みんな本音で生きたらどうなりますか?
生きにくい世の中になるわ、という思いから あまり彼の本は読んでなかったのですが…、読んでみると…

よく言われている成功者のノウハウで、どうもしっくりしないものがありました。

まあ 、私は成功しないのだろうけど、自己流でそれなりにやればいいかと考えていたのです。

しかし なんと このホリエモンが言ってることがドンピシャ、私の考え方と同じだったので、興奮してしまいました。

それは、長期ビジョンに関して。

ビジネス書には、5年後10年後を考えなさいと

よく書いてあります。

それにそって、計画すると、60歳くらいで本を書いて出そうかなと考えていたわけです。

でも、考えていたより10年も早く、本は出したのに加え、海外まで翻訳したものが出ました。

ホリエモンの言う通り、

長期ビジョン持つ必要あるのか?やりたいことは今すぐ「なる早」で実現、時間は有限だ

に全くの同意です。

よく、仕事に関して若い人から将来は?など聞かれるのですが、答えられません。

やりたいことを次々実行していくと、将来に対する考えもやりたいことも変わっていきます。

私のやり方間違えてないのね、と安心しました。

更に、他に共感できた言葉は

量が質をつくる、逆はない

大事なのはgive、相手に頼ったり、すがるのは間違っている

何も与えようとしない人は疎遠になる

まさしくその通りだと思います。

あの人と一緒にいると笑いがもらえる、安心感もらえる、癒しがもらえる、情報もらえるなど、様々な形のgiveがありますね

ホリエモンの本、もうちょっと読んでみようかな

 

 

 

ランキングに参加中です

いつも応援いただきありがとうございます
↓ポチっとクリックお願いします

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


本・書籍ランキング