読書コラム

やりたいことは二度寝だけ

なんとも惹かれるこのタイトル
そして絶妙なカバーの挿絵

怠けたいとタイトルでは言いながら、ヒップアップのエクササイズをしています。

この作者のことを何も知らず手に取りましたが、
二度寝したいと思います。

だって正規の会社員しながら、そのあと執筆活動しています。

それもやってやるぞーと気迫満面な方ではなく
、どこからそのパワー出るのですか?と聞きたくなるような生活なのです。

賞も数々取っているようです。恥ずかしながら何にも知りませんでした。

知らないことといえば、このエッセイ読んで、いろいろな文房具を買いました。

まず1番大きいものはポメラ
ネットの機能はなどなく、ただただひたすら書くことのみに特化した電子文具で、
始め、電器屋さんでパソコンコーナーに行ったのですが、店の人にそれは文房具売り場だといわれ、そちらに
行き購入。
こんなものが、文房具売り場にあったとは全く知りませんでした。

それからもう一つ買ったものはホッチくる
紙の真ん中を留めることができるという優れもの。
もちろん高い値段出せば業務用のものがあるでしょうけど、500円前後で買えるとは!

この作者のノート好き。共感できて、できて!
綺麗なノートを買っても、くだらないことが書けない。
そうなると一番よく書けるのは雑紙(会社でいらなくなった紙の裏)
それを、ホッチくるで留めて、メモ帳を作ると、それなら思い存分書けると。

そうなのです。いろんなことを自由に書ける。
本を読んですぐに、ホッチくるを買ってきて、ノートとかメモ帳とか自分で作ってニンマリ自己満足で笑っおります。

 

また、執筆するのに家では書けない。書きやすいカフェなどを探すと、そしてお茶だけでなく、ついでにケーキも頼むと

同じ人がいるんだ、私だけじゃないのかとニヤニヤしながら読んでいました。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村