中高6年間一貫の落とし穴

子供に勉強を教えていて一番残念に思うことは、

能力があるのに、毎日コツコツ勉強すれば成績もあがるのに、

やってくれない子を見る時です。

教えるとすぐわかるし、その場でも解ける。

でも家でしない…

やる気がどうしても出ないって……

 

中高6年一貫の学校に行くには中学受験をしなくてはいけません。

受験まで勉強していたのに、能力はあるのに

高校に自動的にあがれるので どうしても中だるみしてしまいます。

やる気もでてきません。

他の学校の生徒も中2までは同じなのですが、

公立学校などでは、中3になると高校受験しなくてはいけません。

学年全体で受験モードになっていくので 自然にきちんと将来を考えたり、

勉強をしなくてはいけないという体制に入っていきます。

 

そして、高校に入ったらゆるむかというと学校側もそのまま勉強を怠けない状況を作ったり、、

大学受験を意識させたりと、偏差値の高い大学にたくさんの生徒を入れている高校は、

「さすが!」思うやり方で生徒をもっていきます。

受験でせっかくついた勉強グセ。そのまま習慣になれば苦痛ではないものを

一度怠け癖がついてから、もう一度勉強をする習慣にするのは、想像以上に難しいものです。

 

6年間一貫の学生のぼやき、

「いつから大学受験を意識し、勉強のスイッチを入れればいいかわからない」

そして、怠けに怠けた子は 普通に高校受験したら、どこも受からないというほど、勉強をおろそかにしており、高校生になってそれに気づいても追いつくことが難しいところまできています。

 

中高一貫校の生徒さんは特に自分の意志や習慣が必要ではないかと思います。